白鷺館アニメ棟

放送中のアニメ作品について、アニメファン歴50年以上という鷺が軽いツッコミを交えて与太話

現実主義勇者の王国再建記

現実主義勇者の王国再建記 第13話「百戦百勝は善の善なる者に非ず」

いよいよ帝国が乗り出してきました 例によって内容とほとんど関係ないサブタイトルがついてますが、要は戦いに強いってことが一番でなく、戦えば勝ってもその度に兵を損ねるので戦わずに済ませるのが最善って話。まあソーマは目下とのところ、アミドニアの国…

現実主義勇者の王国再建記 第12話「囲師には必ず闕く」

結局は軍事的に叩きつぶすことになりました 今回で終わりかと思っていたから、あっさりと降伏勧告して戦後処理に入るかと思っていたのですが、もう一話あるようですね。結果としてもう少しもつれさせる展開となった。ちなみにタイトルの「囲師には必ず闕く」…

現実主義勇者の王国再建記 第11話「李代桃僵」

呆気なく終結する内戦 予想以上に簡単に内乱に決着をつけちまったな。まあ後1話か多くて2話となると、そのペースで展開しないと無理か。ちなみにタイトルの「李代桃僵」というのは、桃の木を守るためにスモモ(李)の木を犠牲にするという意味だとか。本来は軍…

現実主義勇者の王国再建記 第10話「兵は楽しむ所に非ざるなり」

いよいよ隣国侵攻、しかし結構翻弄している 今回は周辺諸侯の反乱及び隣国からの侵攻という王国危機一髪物語の開始。とりあえず隣国の王様は内通したと思われる人物の口車で翻弄されているようです。それにしてもあの説得の役目は実際は命がけの任務になるの…

現実主義勇者の王国再建記 第9話「縦横、成らず」

ようやく軍閥の反乱の話となったか 前々回辺りからチラホラと出ていた周辺諸侯の反乱がようやく表に出てきたようです。まあここのところの話はやや緊張感がなくなってましたから、最後に向かって締めを持ってくるにはそのぐらいの盛り上げが必要でしょう。 B…

現実主義勇者の王国再建記 第8話「森、鳴動す」

今回は災害対応の心得になっている 前回の都市建設に続いて、今回は災害時対応。それにしても異色の事務系異世界転生物語だが、さすがにネタが地味すぎる気がして、見ていて納得はするのだが作品として面白いか言われるとかなり微妙になってきた。 Blu-rayは…

現実主義勇者の王国再建記 第7話「古老、曰く」

前半はあからさまに蛇足ですよね 今回の前半は「閑話休題」って雰囲気ですね。カズヤが例の分身魔法を使って動かしている着ぐるみをパーティに参加させて地下通路探検をするという。そう言えばこの作品って最初から終始一貫してこういういかにも異世界冒険な…

現実主義勇者の王国再建記 第6話「智者は時に背いて利を捨てず」

軍閥の反乱というお約束の展開に どうゆら中央で急進的改革が進められたら、周辺の軍閥がそれに対して反抗するというありがちの現象がこの国でも起こっているようです。さらにそこに改革によってそれまでの既得権益を失った腐敗貴族がこれらの軍閥と合流して…

現実主義勇者の王国再建記 第5話「衣食たって、栄辱を知る」

カズヤ、スライムを食する 「王様のブランチ」、最後は核のあるスライムを使用した麺類の模様。夏はスライムを冷やしてところてんってネタは「転スラ日記」でもあった気がするが、ところてんにするのかと思っていたら、麺類にした模様。ホットな葛きりという…

現実主義勇者の王国再建記 第4話「食指、動く」

魔族との関係性の変化 あの獣人少女の持っていた情報は、コミュニケーションの不能と思われていた魔族と、意思疎通が可能という話か。確かにこれは一つ間違うと人類陣営の結束を崩して瓦解させかねない大情報だ。問答無用の相手となると、とりあえずの利害は…

現実主義勇者の王国再建記 第3話「臣をして忠臣たらしむことなかれ」

どうやら作者の元ネタは中国もののようで タイトルはこの前に「願わくば臣をして良臣たらしめよ。」と付くらしい。十八史略の言葉で君臣が合力して国を栄えさせたら良臣と後世で評価される。それに対して君主の過ちを諫めて処刑され、後に国が滅んだら忠臣と…

2021夏アニメ 日曜日編2

今年の夏アニメも2週目に突入です。例によってBS11を中心にその他を加えてチェックしていく予定ですが、やっぱり土曜日の晩には放送が多いのか、日曜作品が異様に増えてます。もっともこの内で最後まで残るのは何作かは分かりませんが。 // 魔法科高校の優等…

2021夏アニメ 日曜日編

7月になって今年の夏アニメが始まりましたが、今回も例によってBS11を中心にその他を加えてチェックしていく予定です。とりあえず土曜日の晩に放送された作品を。さすがに土曜日となると作品数も多い。 // 魔法科高校の優等生 第1話「一生大事にします」 人…