白鷺館アニメ棟

放送中のアニメ作品について、アニメファン歴50年以上という鷺が軽いツッコミを交えて与太話

2022年秋アニメ作品評価

 2022年の秋アニメについての作品評価の点数を発表します。なお2クール連続作品の場合は、最終回が含まれるシーズンに評価することにします。

 評価についてはまず総合評価はA~Dの4段階でAが最上でDが最低となります。
 各項目は「キャラの魅力」というのはいわゆるキャラ萌えとかいうのではなく、キャラがリアリティや魅力を持ってキチンと描かれているかということ。「ストーリー性」はそのものズバリの盛り上がる興味を持てるストーリー展開となっているか。「納得性」というのは話の設定に無理があったり、ストーリー展開が無茶だったり、演出がひどかったり、そもそも作品が完結しなかったりなど、納得しにくい難点を抱えていないかというものになり、各項目3段階で評価しています。

 なおブログの方では途中脱落で扱いをやめたが、実はその後も作品自体は不定期にチェックしていた(空いた時に暇つぶし的にまとめ見などをしていた)という形で最後まで目を通している作品とか、実は最初から見てはいたんだがブログで扱う気がしなかった(コメントとして書くようなことがない)とか、さらには「途中で脱落必死」と考えて最初から扱わなかったのに、結果として最後までダラダラ見てしまったなんて作品も加えている。

 

 

後宮の烏

総合評価 B
キャラの魅力☆☆ ストーリー性☆☆ 納得性☆☆

 後宮を舞台にしたオカルチックヒューマンドラマ。それにヒロイン寿雪と皇帝・高峻のギクシャクとした恋愛模様を絡めてなかなか面白くも興味深いストーリーを展開。全く予想外であったが、意外に見所のある作品となった。

 

農民関連のスキルばっか上げていたら何故か強くなった

総合評価 D
キャラの魅力☆ ストーリー性☆ 納得性☆

 ブログの方は途中脱落だが、一応作品は最後までチェック。とは言うものの、最初から見え見えの展開を一切上回ることがないまま終わった。さすがに無双すぎる主人公が作品の最大の障害になっていることを分かってか、最後になって急に枠をはめようとしたりしていたが、付け焼き刃というか無理くり感が強すぎて。所詮は十把一絡げの量産型なろう系作品の一環。

 

SPY×FAMILY

総合評価 A
キャラの魅力☆☆☆ ストーリー性☆☆☆ 納得性☆☆

 好評だった第一期を受けての第二期登場だが、かなり気合いを入れて製作していることも覗える。各キャラも立っているし、ドタバタにアクション共にキレが良く、かなり無茶苦茶な設定にも関わらずその無茶苦茶さがドラマに悪影響を与えないという絶妙のバランス。すべての点において実に「上手い」と感じさせる作品。

 

新米錬金術師の店舗経営

総合評価 D
キャラの魅力☆ ストーリー性☆ 納得性☆

 これもブログ脱落後に惰性でチェック。なろう系などで一分野をなしている「辺境スローライフ系」の一環とも言えるお約束パターン。主人公があまりに無双すぎて常に力押しで問題解決するので、全く盛上がらないドラマを最後まで繰り返しただけ。変化をつけるなら経営的要素をもう少しリアルに取り込むなどの展開も考えられたが、恐らく作者にそこまでの技倆も無かったのだろう。

 

転生したら剣でした

総合評価 C
キャラの魅力☆☆ ストーリー性☆ 納得性☆☆

 いわゆるなろう系量産作品の中で、今期において唯一どうにか最後まで生き残った作品。作品的には全く特別なところはないお約束の範囲内であるが、キャラなどについてはそれなりにまとまっていて破綻はなく、一応ヒロインの成長物語という筋は通した。本格的ドラマ展開は第二期以降ということかもしれないが、どの程度期待できるかは不明。

 

 

中途脱落作品

勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う 7話で脱落

 いわゆる「リストラ系」「ざまぁ系」と言われる一群の量産型なろう系作品のテンプレ通りの作品。一切テンプレからはみ出さない工夫のない展開に、ひたすらヒロインがワラワラ増えていくハーレム展開、ご都合主義すぎて馬鹿げた設定、ただ単に邪悪でアホすぎる勇者設定など、とんでも内容がひどすぎて見るに耐えなくなって脱落。

陰の実力者になりたくて! 3話で脱落

 単なる厨二病の異常者にしか見えなくて、共感のかけらも持てない上に理解不能の主人公にまずついていけない上に、無理くりすぎて説得力皆無の世界設定、さらには無駄としか言いようのない残酷シーンなど、見るに耐えずに途中で脱落。

アキバ冥途戦争 1話で脱落

 メイド喫茶に任侠もの要素を取り込むというコンセプトが意味不明の上に最初から完全に私の興味範囲外なので早々に脱落。

虫かぶり姫 2話で脱落

 あまりに普通の少女漫画でヒロインの回りにイケメンゾロゾロという展開に、これは私の興味外ということで脱落。


 今期は作品数少なめなのに途中脱落作品が多い。なお「異世界おじさん」のように突然今期に割り込んだと思ったら、最後に来期にワープしてしまった謎作品も。

 

 

総評

 今期を総括したら「史上空前の不作」というところか。異世界おじさんのようにコロナの影響で製作が安定しない作品なんかもあったが、それ以上に分野自体のネタ切れ感が限界まで来ている印象。特に雨後の竹の子のように量産されたなろう系がもう完全に行き詰まっているのが明確。今期実際に完走したのは「転生したら剣」だけ(これも実はギリギリ)で、「農民関連のスキル」と「新米錬金術師」は実質的に脱落作品。これに明確に途中脱落した「ビーストテイマー」に「陰の実力者」などなろう系は壊滅状態。なろう系内でもわざわざ取り上げる作品のレベル自体が著しく低下していることを感じさせる。

 なお私は「なろう系」という言葉をかなり広く異世界ファンタジー系ラノベ原作に広げて使用してるので、厳密に言えばその作品はなろう系でないというツッコミなんかもありそうであることはことわりを入れておく。正確さが欠けるのを承知の上で、雨後の竹の子のようにテンプレ通りの同じような作品ばかりという意味を込めて「なろう系」と一括りにしてしまっていることを了解頂きたい。

 さて今期は結局のところは最初から予定通りの「SPY×FAMILY」のA評価以外では、予想外の「後宮の烏」のB評価以外は惨憺たるもの。私自身も「そろそろこのブログも閉鎖時か?」と感じる始末(正直なところ、アニメ全般に対する興味が急速に失せてきている)という状況になってしまった。

 来期を眺めたところでも、相変わらずなろう系と思われる作品は存在するが、そちらは期待薄。期待できそうなのはそれ系の中でも古手の「ダンまち」のような評価の固まっている作品ぐらい。テンプレ設定を使用した作品でも、そこから独自の魅力を引き出せる事例はあるのだが、昨今はそういう力量さえも感じさせず、AIでも書けるんじゃないかというレベルの量産作品ばかりになっているのはかなり深刻。

2022年夏期作品評価

anime.ksagi.work