白鷺館アニメ棟

放送中のアニメ作品について、アニメファン歴50年以上という鷺が軽いツッコミを交えて与太話

2022年夏アニメ作品評価

 2022年の夏アニメについての作品評価の点数を発表します。なお2クール連続作品の場合は、最終回が含まれるシーズンに評価することにします。

 評価についてはまず総合評価はA~Dの4段階でAが最上でDが最低となります。
 各項目は「キャラの魅力」というのはいわゆるキャラ萌えとかいうのではなく、キャラがリアリティや魅力を持ってキチンと描かれているかということ。「ストーリー性」はそのものズバリの盛り上がる興味を持てるストーリー展開となっているか。「納得性」というのは話の設定に無理があったり、ストーリー展開が無茶だったり、演出がひどかったり、そもそも作品が完結しなかったりなど、納得しにくい難点を抱えていないかというものになり、各項目3段階で評価しています。

 なおブログの方では途中脱落で扱いをやめたが、実はその後も作品自体は不定期にチェックしていた(空いた時に暇つぶし的にまとめ見などをしていた)という形で最後まで目を通している作品とか、実は最初から見てはいたんだがブログで扱う気がしなかった(コメントとして書くようなことがない)とか、さらには「途中で脱落必死」と考えて最初から扱わなかったのに、結果として最後までダラダラ見てしまったなんて作品も加えている。

 

 

金装のヴェルメイユ

総合評価 C
キャラの魅力☆☆ ストーリー性☆ 納得性☆☆

 異世界もので悪魔がどうこうとかの話であるが、結局のところ中身はただの学園ラブコメだったというのが現実。まあキャラはそれなりに描けていたし、主人公とヴェルメイの関係性の変化などの描写は丁寧。ただ結局何も始まらず、何も終わっていないのが何とも。

 

転生賢者の異世界ライフ

総合評価 D
キャラの魅力☆ ストーリー性☆ 納得性☆

 とにかく盛上がらない。異常に盛上がらない。単調な戦闘、お馬鹿に過ぎる展開などなど問題山積みだが、無自覚系主人公を何を間違えたのか「無感情系主人公」にしてしまったのが最大にして致命的な間違い。最後の敵賢者のあまりにお馬鹿すぎる目的だけは、さすがに馬鹿馬鹿しすぎてある意味で笑えたが。

 

リコリス・リコイル

総合評価 B
キャラの魅力☆☆☆ ストーリー性☆☆ 納得性☆

 いわゆる「なぜか美少女が銃を持って殺し合いをする」という謎設定作品の一群とも言えるが、キャラ自身は魅力的に描かれているし、アクションなども小気味良い。ただ大上段に振りかぶった設定を最後まで曖昧なまま誤魔化した感が強く、それが「結局何をしたかったんだ」という腰砕けオチになってしまったのだけが非常に残念。

 

Engege Kiss

総合評価 B
キャラの魅力☆☆ ストーリー性☆☆ 納得性☆☆

 ヘッポコな話から始まって、それが予想外のハード展開を始めたと思ったら、最後はお約束コテコテのヘッポコオチというストーリーのまとめ方は正解。何だかんだで視聴者を最後まで巻き込む上手さはあった。当初の期待値はかなり低かっただけに、これは予想外。

 

黒の召喚士

総合評価 C
キャラの魅力☆☆ ストーリー性☆ 納得性☆☆

 典型的な転生もので、なろう系で一盛りいくらで量産されているタイプなので話に新鮮味は皆無。ただアニメ作品として見た場合には、キャラの描き方などは一応合格点にあり、ストーリーも一応それなりに山場を作っていたりで面白味はそこそこあるし、転生チートものに不可欠の爽快さもある。というわけで一応最低限の条件はクリアしてはいる。

 

 

 

異世界薬局

総合評価 C
キャラの魅力☆ ストーリー性☆ 納得性☆☆

 これも一盛りいくらの量産系転生ものの一環。本編の感想の中で何度も言っているが、私の知っているだけでも類似作品をいくらでも挙げられる。いかにもご都合主義的で順風満帆すぎる主人公のためにドラマ性が低かったが、何とか最後に事件を作ってギリギリで帳尻を合わせたという感が強い。

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4

総合評価 C
キャラの魅力☆☆☆ ストーリー性☆ 納得性☆

 作品としては今期で最も安定感のある作品なのだが、如何せんあまりに中途で終わりすぎで今期では何も始まっていないし何も終わっていない。とりあえず次期が終わらないとまともに評価のしようがない。

 

RWBY 氷雪帝国

総合評価 C
キャラの魅力☆☆ ストーリー性☆ 納得性☆☆

 延々と夢の中の話で同じような展開ばかり繰り返すものだから、退屈だし書くこともないしでブログの方は途中で脱落したが、一応作品の方は最後までフォローしていた。終わってみるとそれなりに無難にまとまっていて、特に悪いというほどではなかったが、やはり中身が薄すぎ。このエピソードだけで12話引っ張るのは無理すぎた。やはり夢のエピソードは4話から多くとも6話程度にまとめて、その後の他のエピソードを入れる方がアニメとしての完成度は間違いなく上がった。

 

中途脱落作品

惑星のさみだれ 5話で脱落

 奇妙な目的を持ったヒロインと主人公の話に最初はフォローしていたが、結局は次々と異能者が現れては、謎の敵と戦うだけという退屈な展開に興味が失せて脱落。

Shenmue the Animation 3話で脱落

 結局は主人公が強くなりながら敵を追いかけていくだけというストリートファイター的な展開は私の守備範囲外であることから脱落。

 

 今期は最初から作品が絞り気味だったこともあって脱落作品は少なめ。ちなみに私は脱落していないのに、作品の方が勝手に脱落した「異世界おじさん」のような妙な例も今期はあり。

 

 

 

総評

 今期は作品数は少なめであるが、それ以上にイマイチ感も強いシーズンだった。もっとも安定感のあった「ダンまち」があまりにあまりの中断で事実上の評価外になったことで、A評価に該当するべき作品はなし。そんな中で「リコリス・リコイル」「Engage Kiss」が一応B評価と言うことで、今期作では上位と言うことになる。リコリスについては設定等には特に目新しさは無いが、オリジナル作品という強みを活かして、ラストのまとめについては無理くり感が強すぎるものの、基本的に作品自体は魅力的に描けていた。「Engage Kiss」については、始まった時には微塵も期待していなかったのだが、予想外に化けたという印象。上質な作品とまでは行かないが、それなりに楽しめる作品にはなっていた。

 「異世界薬局」及び「黒の召喚士」についてはもう柳の下の何十匹目のドジョウだと言いたくなるぐらい量産型転生ファンタジーなので作品自体はオワコン感が強いが、それでも一応は最低限のラインはクリアしてきた。そしてその最低限のラインさえもクリアできなかったのが「転生賢者」。ここまで見事に盛り上がりに欠く作品というのを見たのは初めて。何も考えずに普通に作っただけでもう少しマシになると思うが、何をどうすればここまでことごとく壺を外せるんだろうと逆に感心した作品。

 と言うわけで、今回も毎度のように「なろう系のオワコン感」の半端なさを身に染みて感じることに。なおピッコマをチラッと覗きに行ったら、本当に全く同じで無個性な量産型転生作品が一盛りいくらで並んでいて呆れたという体験もしている。

2022年春期作品評価

anime.ksagi.work