白鷺館アニメ棟

放送中のアニメ作品について、アニメファン歴50年以上という鷺が軽いツッコミを交えて与太話

2021年春アニメ作品評価

 2021年の春アニメについての作品評価の点数を発表します。なお2クール連続作品の場合は、最終回が含まれるシーズンに評価することにします。

 評価についてはまず総合評価はA~Dの4段階でAが最上でDが最低となります。
 各項目は「キャラの魅力」というのはいわゆるキャラ萌えとかいうのではなく、キャラがリアリティや魅力を持ってキチンと描かれているかということ。「ストーリー性」はそのものズバリの盛り上がる興味を持てるストーリー展開となっているか。「納得性」というのは話の設定に無理があったり、ストーリー展開が無茶だったり、演出がひどかったり、そもそも作品が完結しなかったりなど、納得しにくい難点を抱えていないかというものになり、各項目3段階で評価しています。

 なおブログの方では途中脱落で扱いをやめたが、実は作品自体は不定期にチェックしていた(空いた時に暇つぶし的にまとめ見などをしていた)という形で最後まで目を通している作品も加えている。

 

SSSS.DYNAZENON

総合評価 A
キャラの魅力☆☆☆ ストーリー性☆☆☆ 納得性☆☆

 円谷プロの作品とのことだが、メカはどちらかと言えばサンライズの勇者シリーズっぽい。ただのそのメカの活躍を格好良く描いたシーンはなかなかに見応えあり。またドラマの方も各キャラクターのそれぞれの成長と新たなる一歩を描いていて魅力的かつ納得出来るもの。結局最後まで世界観が今ひとつハッキリしなかったのが難点だが、勢いで誤魔化してしまった印象。

 

バック・アロウ

総合評価 A
キャラの魅力☆☆☆ ストーリー性☆☆☆ 納得性☆☆☆

 独特の世界であるリンガリンドに迷い込んできたバック・アロウが皆を巻き込んで大きな流れになっていくドラマ。2クールをかけて各キャラをしっかりと描き込み、実に魅力的に表現していた。また終盤に向けてテンションの上がっていく展開には「神回」と断言出来る回もあり、久しぶりにハイテンションの熱いドラマに熱狂出来た。文句なく、久々の快作と言える。

 

Vivy-Fluorite Eye's Song-

総合評価 A
キャラの魅力☆☆☆ ストーリー性☆☆☆ 納得性☆☆

 強引にシンギュラリティ計画に巻き込まれつつも、その中に自らの使命感を抱いていくヴィヴィと、段々と本当の意味でのパートナーへと変化していくマツモトの絡みが非常に上手く描けていた。テーマ自体は非常にありがちなのだが、そこにヴィヴィの成長と悲しさを絡めていくやや乾いた印象のドラマが心に残る。ラストの音楽と重ねたスピーディーな展開もなかなか。

 

セブンナイツレボリューション-英雄の継承者-

総合評価 B
キャラの魅力☆☆ ストーリー性☆☆ 納得性☆☆

 終盤の展開などはやや強引で唐突な印象があったが、ストーリー自体は破綻はしていない。またゲーム原作作品にありがちなやたらにキャラが増えるという問題を抱えつつも、扱いに軽重をつけることですべてのキャラをそれなりに描ききった。ドラマにもキチンと山場を持たせており、ゲーム原作作品としては無難まとめたと言える。

 

戦闘員、派遣します!

総合評価 C
キャラの魅力☆☆ ストーリー性☆☆ 納得性☆

 いわゆる異世界ドタバタだが、主人公が悪の組織の戦闘員というところが特徴。ゲスで外道だが、本当の意味での悪党ではない主人公のキャラと、その相棒である美少女型辛口アンドロイドの掛け合いがなかなかに楽しい。その回りを個性的なキャラで固めているが、あまりに極端すぎるキャラばかりなのがいささか話としてはしんどいのと、ドタバタではあるがギャグ自体の切れ味は今ひとつ鋭くない辺りがマイナスポイント。

 

転生したらスライムだった件 転スラ日記

総合評価 C
キャラの魅力☆☆ ストーリー性☆ 納得性☆

 スピンオフ作品で、キャラクター達の平穏で楽しい日常を描く作品。しかし完全に確立したキャラに対しておんぶにだっこの同人誌的作品。しかも内容は毒にも薬にもならないお子様向け作品という印象。原作にかなり思い入れのある人でないと付いていく気にならない作品である。正直かなり退屈。

 

ドラゴン、家を買う。

総合評価 B
キャラの魅力☆☆ ストーリー性☆☆ 納得性☆☆

 異常に気弱なドラゴンという主人公が、安住のための家を探すという突飛な設定が特徴。主人公のレティのキャラよりも、どちらかと言えばドSなディアドラのキャラの方が少々立っている印象がある。ストーリー自体は毎回レティの気弱さが原因となったドタバタだが、結構お約束なコテコテの展開でありながら見ていて楽しい。正直、かなりチープに見えるOPを見た時に「この作品はすぐ落ちるかな」と思っていたのだが、最後まで付き合ったのは意外だった。

 

憂国のモリアーティ

総合評価 A
キャラの魅力☆☆☆ ストーリー性☆☆☆ 納得性☆☆

 2020年秋に続いての第2部になる。ウィリアムが目論んでいた計画がいよいよ終幕を迎える。それに向けて新たなる敵の登場や新キャラクターの追加などもあり、ドラマはなかなか盛り上がった。そして最後はホームズとウィリアムの友情を熱く美しく見せた。各キャラクターの感情や行動が入り交じってなかなかのドラマとなっていて見応え十分であった。

 

86-エイティシックス-

総合評価 C
キャラの魅力☆☆ ストーリー性☆ 納得性☆

 キャラクターの描写や戦闘シーンの描写など、アニメとしての基本は悪くない。ただ根本的な設定の問題である「絶滅収容所に送られたユダヤ人に武器を渡して、ナチスのために命を懸けて戦えと言っても、それで戦う奴なんていない」という件が最後までつきまとって実質的に作品が破綻している。その上に原作はまだ続行中と言うことなので、どうコケても残念ながらまともな作品になる余地がなかった。

 

聖女の魔力は万能です

総合評価 C
キャラの魅力☆☆ ストーリー性☆ 納得性☆☆

 転生ヒロインの回りはイケメンゾロゾロというもろに腐女子の妄想全開な設定と、あまりに平板なストーリーにブログでは3話で落ちたのだが、実は作品自体はその後もチェックしている。しかし最後まで結局は最初に感じた通りの今ひとつ山のない作品であり、男の身にはこれといって見所なし。

 

究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら

総合評価 C
キャラの魅力☆ ストーリー性☆☆ 納得性☆

 今ひとつ共感を持ちにくい主人公のキャラ、あまりに理不尽すぎるシステム、そして混乱するばかりで全く前に進まないストーリーと言うことで、ブログの方は3話で落ちたのであるが、実はその後も要所要所を拾いながらチェックしている。中盤以降ぐらいからようやくストーリーが動き出した以降はまずまずで、一応はラストでは主人公の成長も描いてはいたのであるが、基本的に作品が中途半端なのと、ご都合主義過ぎるシステム設定などがやはり作品としてあまり上質とは感じさせなかった。

 

スライム倒して300年、知らない間にレベルMAXになってました

総合評価 C
キャラの魅力☆ ストーリー性☆ 納得性☆☆

 ヒロインを中心としたほのぼの日常を描く作品だが、萌え系キャラ配置の割には作品自体はそっちの線とは少し違うようだし、今ひとつターゲットがハッキリとしない作品。正直なところあまりに平和すぎて腑抜けたストーリー展開にブログの方は3話で落ちている。実はその後も暇つぶしでチェックしていたが、最後までその腑抜けっぷりは変化なし。こういう世界が好きな人もいるだろうが、私としてはあまりに退屈。

 

中途脱落作品

デビルズライン 1話で脱落

 どうやらヴァンパイアものらしいと判明した時点であまり興味が持てずに脱落してしまった。

 

総評

 2021年春期はとにかく作品数が多い。しかしその中では前期から2クール続きで展開した「バック・アロウ」が作品としては図抜けている印象。段々尻上がりにテンションが増していき、最終的には大盛り上がりとなった展開はかなり記憶に残るものとなった。私のブログでも終盤はGガンダムとイメージを重ねているが、馬鹿馬鹿しくも暑苦しい強引な展開はあの作品以来。

 これ以外では2020年秋期につづいての第2部となった「憂国のモリアーティ」がなかなかに魅せてくれた。キャラの絡みを濃厚に説得力を持って描いていたのが高評価。後は「SSSS.DYNAZENON」と「Vivy-Fluorite Eye's Song-」も意外に秀作。

 全く期待していなかったが予想よりは上を行ったのが「セブンナイツレボリューション-英雄の継承者-」と「ドラゴン、家を買う。」。逆に期待を下回ったのが「86」。後はおおよそ予想通りというところ。作品数に応じて傑作もそれなりにあったのでまずまずのシーズンか。もっとも雨後の竹の子のように転生ものばかりなのはどうにかならないかという気持ちは強い上に、原作付きで原作の途中を引っ張り出してきて途中で終わるというアニメファンを馬鹿にしているかのような作品が増えているのも気になるところ。そういう点ではもっとアニメオリジナル作品に出て来て欲しい。

2021年冬期作品評価

anime.ksagi.work