白鷺館アニメ棟

放送中のアニメ作品について、アニメファン歴50年以上という鷺が軽いツッコミを交えて与太話

2021年夏アニメ作品評価

 2021年の夏アニメについての作品評価の点数を発表します。なお2クール連続作品の場合は、別途「中間時点」での評価を上げ、最終的には最終回が含まれるシーズンに評価することにします。

 評価についてはまず総合評価はA~Dの4段階でAが最上でDが最低となります。
 各項目は「キャラの魅力」というのはいわゆるキャラ萌えとかいうのではなく、キャラがリアリティや魅力を持ってキチンと描かれているかということ。「ストーリー性」はそのものズバリの盛り上がる興味を持てるストーリー展開となっているか。「納得性」というのは話の設定に無理があったり、ストーリー展開が無茶だったり、演出がひどかったり、そもそも作品が完結しなかったりなど、納得しにくい難点を抱えていないかというものになり、各項目3段階で評価しています。

 なおブログの方では途中脱落で扱いをやめたが、実は作品自体は不定期にチェックしていた(空いた時に暇つぶし的にまとめ見などをしていた)という形で最後まで目を通している作品も加えている。

 

 

死神坊ちゃんと黒メイド

総合評価 B
キャラの魅力☆☆ ストーリー性☆☆ 納得性☆☆

 基本は坊ちゃんとメイドのアリスがイチャイチャしているだけなので、書くことがなくてブログは途中で落ちたが、実は作品自体は続けて見ていた。特にこれというところのない作品だが、この独得の空気は巻き込まれるとハマるところがある。表向きは普通の純愛物だが、果たして今後どう展開するのか。もっとも原作が現在続行中となると、次シーズンが出たところで結局は完結しない気もするが。

 

転生したらスライムだった件

総合評価 A
キャラの魅力☆☆☆ ストーリー性☆☆☆ 納得性☆☆

 かなり大きな展開をした前期を受けて、大きく話が動いたのが今期。それだけに見せ場はなかなかにあった。もっともストーリー展開上戦闘シーンがやたらに多くなって、その結果として「ドラゴンボール化」しつつあることを感じさせているので、その辺りが今後の一番の不安。相変わらずキャラはよく描けているが、無駄に人数が増えすぎたのも今後の不安要素。

 

精霊幻想記

総合評価 D
キャラの魅力☆ ストーリー性☆ 納得性☆

 クールと言うよりも何を考えているのか分からない主人公、無駄に主人公の回りに沸いて出てくる多数のヒロイン、目的地の全く見えないストーリー、さらには単に段取りを踏んでいくだけで全く盛り上がりも見せ場もないドラマ。なんかダイジェストを中途半端に見せられたような気がして面白味を全く感じられない作品だった。

 

月が導く異世界道中

総合評価 C
キャラの魅力☆☆ ストーリー性☆☆ 納得性☆

 主人公の目的が今ひとつハッキリしていないせいで、ストーリーの行き先も全く見えない。その結果として、毎回毎回の無駄な騒動を描いているだけ。キャラの描き方などは悪くはないのだが、そのキャラがかみ合ってストーリーが進んでいくという雰囲気がない。第2期ではその辺りが改善されるかどうか。

 

魔法科高校の優等生

総合評価 C
キャラの魅力☆☆ ストーリー性☆☆ 納得性☆

 序盤に深雪が「お兄さま、うふっ!」をやっている展開ばっかりだったので、馬鹿らしくなって途中でブログは落ちてしまったが、一応その後も作品自体はフォロー。九校戦になって話に動きが出て来たのと、作品の中心を深雪だけでなくほのかや雫などのメインシリーズで結構重要キャラになっているのに、そこまであまり描かれなかったキャラに持ってくるということで、作品自体がようやく意味を持って見れる物となった。とは言うものの、所詮は一度終わっているドラマの別テイク展開に過ぎないというツラさはある。

 

 

ぼくたちのリメイク

総合評価 B
キャラの魅力☆☆☆ ストーリー性☆☆ 納得性☆☆

 クリエイターとして奮闘する若者を描く青春ストーリーとして、人物はなかなかによく描けている。主人公の恭也のキャラがいささかチート過ぎるように思えて無理があるところが若干の難点であるが、ドラマ自体は破綻しておらず、若者の群像劇として面白い内容となっている。

 

D_CIDE TRAUMEREI THE ANIMATION

総合評価 C
キャラの魅力☆☆ ストーリー性☆☆ 納得性☆

 最初見た時に、内容的に私の嗜好とは違う気がしたので端っから扱ってなかったのだが、結局は何だかんだで付き合ってしまった。デジタルバキバキの作画や、基本的に敵とどつき合うだけという内容は実際に好みではないのだが、やけに暗いストーリー背景とかなんか奇妙なところに引き込まれてしまった。とは言うものの、世界観はワケが分からんものの、話自体はそう複雑でもない。もう少し現代社会の闇に斬り込むかと思っていたが、そちらは肩透かし。

 

現実主義勇者の王国再生記

総合評価 C
キャラの魅力☆☆ ストーリー性☆ 納得性☆☆

 主人公が敵と戦うわけではなくてひたすら内政に励むという展開は、目新しくは有るものの必然的にストーリーが地味になる。またそこで繰り出されてくる手法もありきたりというか普通な物ばかりなのでさして感心しない。そのために終始作品が浅い印象で、結果として主人公を美少女ヒロインがワラワラと取り巻くだけという作品になってしまっている。第2期は外交なども出てくるからもう少しストーリーに動きが出るかどうか。

 

ヴァニタスの手記

総合評価 C
キャラの魅力☆☆ ストーリー性☆ 納得性☆☆

 ヴァンパイアものというのはありきたりだが、一癖も二癖もあるキャラを配したことでドラマ性を持たせている。ただ目下のところは話が序盤であるせいかストーリーが見えないし、突飛すぎるキャラがやや説得力に欠ける。とりあえず今期だけではまだ何も描ききれなかったという印象なのだが、次期のアナウンスは目下のところない。

 

 

2クール連続作品途中評価

白い砂のアクアトープ

総合評価 A
キャラの魅力☆☆☆ ストーリー性☆☆☆ 納得性☆☆

 ヒロイン(風花)の魅力も悩みなども十分に描けており、それを取り巻くキャラクター達も魅力的で実によく描けている。ストーリーの基本自体はそう特別なものではないが、それだけに破綻なく自然なドラマになっているのが高評価。
 次クールは舞台とキャラが変わるようだが、先クールで綺麗な話にまとめていただけに蛇足にならないかが一番気になるところではある。描くとしたらくくるの成長だろうか。

 

SCARLET NEXUS

総合評価 C
キャラの魅力☆ ストーリー性☆☆ 納得性☆

 登場人物が多すぎることがキャラの薄さにつながっているのと、作品自体の目指す方向がサッパリ分からず、ストーリー展開がグダグダになっているので、今後どう綺麗にまとめるかが最終的な評価に直結する。

 

中途脱落作品

かげきしょうじょ!! 1話で脱落

 宝塚ネタという時点で私の好みではないことが明らかなので脱落。

天官賜福 3話で脱落

 区別の付きにくいキャラに分かりにくいストーリー展開という、中国アニメ独得のクセに馴染めずに脱落。

探偵はもう、死んでいる。 3話で脱落

 推理ものでもなく冒険ものでもないという作品がどういう方向を向いているのかが分からず、強引なストーリー展開に面白味を感じられずに脱落。

ゲッターロボアーク 3話で脱落

 汚らしい絵が好みでないのと、ガチャガチャとうるさいだけのストーリー展開がしんどくて、私の好みとは合致しないということで脱落。

うらみちお兄さん 1話で脱落

 独得のシュールな雰囲気は嫌いではないが、わざわざアニメで毎週見るだけのモチベーションも持てずに脱落。

チート薬師のスローライフ 3話で脱落

 あまりに平和すぎて何も起こらない世界と、意味もない主人公のチート能力に退屈すぎて脱落。

ぶらどらぶ 3話で脱落

 ドタバタとけたたましい不条理ギャグに付いていけず、面白味を感じなかったことから脱落。

迷宮ブラックカンパニー 2話で脱落

 共感する余地が全くない主人公のキャラがキツいが、それよりも話自体に全く面白味が感じられなかったことから脱落。

 

 

総評

 2021年夏期は作品数はそれなりにあったのだが、結果としては「極めて低調」。それは中途脱落作品の多さにすべて現れている。とにかく最後まで見る気にさせた作品がかなり少なかった上に、最後まで付き合いはしたものの大した作品ではないというのが大半である。

 そんな中で1位は無難に転スラ。良くも悪くもシリーズ物の強みが出ているが、逆にシリーズ物故の不安も垣間見え始めたところ。アクアトープが2クールというのは全くの想定外だったが、綺麗にまとめてくれることを祈るのみ。

 ここに来ての問題は、ライトノベルやコミックの原作付きの作品を、原作進行中のところでアニメ化して途中でぶち切るという安易な作品が増えていること。ストーリー的に一応のオチをつけている作品はまだ良いが、「後は原作を読んでください」と言わんばかりに本当に途中で放り出す視聴者を馬鹿にした作品が増えてきており、そういう作品には怒りを感じて「絶対に原作なんて読んでやるか」と思ってしまう(もっともその手の作品はそもそも原作を読む気にもならないレベルのものが多いが)。単なる原作の販促プロモーションではない真のアニメーションの登場を願う。

2021年度春期作品評価

anime.ksagi.work